なぜウォーキングがおなか痩せに効果があるのか?

ウォーキングのお腹への効果

お腹渡せとは直接関係がなさそうなウォーキング。 実はちょっとした工夫でお腹痩せ効果も期待できるんです。
運動には大きく分けて無酸素運動と有酸素運動があ ります。加圧トレーニングなどは無酸素運動で、 「ウォーキングは有酸素運動です。 「有酸素運動は体の中の脂肪や糖を燃焼させ、エネルギーに変えます。有酸素運動をすると、まず体の中の 「グリコーゲン、ブドウ糖が使われ、最後に脂肪が使わ れます。
できるだけ20分以上有酸素運動をしなければいけ ないと言われるのは、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活発に働くためには20分程度かかるからです。 「ウォーキングは有酸素運動の中でも比較的軽めの運動だから毎日続けやすいですよね。
ウォーキングによってお腹のお肉はどうなるのでしょうか?
お腹に付いてしまったお肉は、1度付いて しまうとなかなか落ちませんよね?
ウォーキングに限らず、お腹の脂肪を落とす効率を 上げたいなら「気になった段階で対処する」というの がオススメです。 お腹に付いてしまったお肉の80%は食事制限で落とすことが可能です。しかし、残りの80%は運動で 消費する必要があります。 運動といってもテニスや水泳、ボルタリングなど 様々な種類がありますが、どれもハードなものばかりで気軽に始めることはできません。 「そんな中、ウォーキングはお腹のお肉を無理せずに落としたい方にはオススメです。もちろんウォーキン グも、ただ歩いているだけではダイエット効果を発揮 しません。 しかし、正しい姿勢と呼吸法によってインナーマッ スルが鍛えられ、ポッコリお腹を改善することができるのです。

お腹やせできないのは満腹ホルモン減少のせいかも

満腹ホルモンの正式名称はレプチン。満腹ホルモン (レプチン)は、食べ過ぎを防ぎます。食事中に分泌 「された満腹ホルモンは脳にまで伝わります。
満腹中枢という言葉は聞いたことがあると思います が、その満腹中枢が刺激されるのは、満腹ホルモンが 働いているからです。 「満腹ホルモンは生活習慣が乱れたり、無理なダイ 「エットによって減少します。満腹ホルモンのレプチンは人によって分泌される量が違います。 「通常は食事をしている内に、段々とレプチンが脳ま で伝わり満腹感が得られます。 でもダイエットで食事制限をすると、食べる量が減るのですから通常よりもレプチンが減少してしまいま す。するとなかなかレプチンが脳まで伝わらず、満腹感が得られないのです。 「満腹感が得られないので食べ過ぎるという訳です。 お腹痩せするには、この満腹ホルモンであるレプチン を増やすことが鍵なのです。
◆ハチカラ睡眠・・・睡眠時間は8時間以上とるのがオススメです。 「海外の大学の研究では、8時間しっかり寝ると、満 腹ホルモンが増えたという結果が出たのです。忙しくて8時間以上は絶対無理という人も、いつもよりは長 く眠るようにしましょう。
◆動物性たんぱく質のツナ缶を食べよう・・・たんぱく質には動物性と植物性がありますが、レプチンを増やすためには動物性のたんぱく質が効果的。 「研究では動物性のたんぱく質の方がレプチンが増え 「たそうです。動物性のたんぱく質と聞くと、カロリー が高くてお腹痩せには向かないのでは?と思うかも知 れません。 「オススメなのはカロリーが比較的低いツナ缶。ノン オイルのタイプを選びましょう。ノンオイルツナ缶は カロリーが約50キロカロリーに対したんぱく質は約11.6gもあります。
しかも糖質が少ないからお腹やせにぴったり。では、ツナがいいならツナばかりお腹いっぱい食べ続ければよいのでしょうか?
しれは違います。1回の食事で吸収されるたんぱく質は焼く30g程度なので、いっぱい食べ続けたとしても摂取されるわけではありません。
食べ続けても無駄です。
なので、ツナ缶は1日2缶のペースで摂取することがおすすめです。