ウォーキングとジョギング・ランニングの違い|ジョギングの方法

走ることは基本ですし、ジョギングは有酸素運動の中でもウォーキングと同じぐらい手軽にできるものです。
初心者のトレーニング方法と言っても、ただ走るだけですから特別なことはありませんが、気をつけることがいくつかあります。
ここでは走る上で注意すべき基本的なことをま とめてみました。
まずは走れる体力、脚力の基礎づくりを行いま す。ゆっくりと長く走り、心肺機能や筋持久力の向上を目指します。
@走る前は必ず水分補給をしておきましょう。 走って汗をかくと、体内の水分が減ります。脱水 症状予防のために水分を十分に摂っておきましょう。
Aいきなり走らず、まず身体を温める感じで ウォーキングからはじめて、徐々にスピードを上げていって下さい。急に走り出すと、怪我を起こ しやすいので注意しましょう。(理想はウォーキン グの後に軽くストレッチを行うことです)
Bウォーキングを含めても最低20分以上行いましょう。脂肪を効果的に燃やし始めるのは、20分以上が目安です。(但し、20分以上でなけれ ば効果が無いというわけではありません)
C「走りに入ったら、一定のスピードで走り続け て下さい。これを持続走と言います。持続走には 一定の時間を走り続ける時間走と、ある一定の目 標距離を決めて走る距離走があります。 どちらでも構いませんので、とにかく一定のスピードを保って下さい。ジョギングはおしゃべり が出来る程度のスピードです。最初から頑張らず にゆっくりで結構です。(苦しくなったら途中で歩 いても構いません。無理をしないことが大切です)
D走る距離や回数を少しずつ増やしていき、少 しでも長い距離を楽に走れるようにします。
E呼吸法は水泳と同じで、息を吐くことに意識 をより高くして下さい。吐ききることによって、 新鮮な酸素をより取り込みやすくするためです。 但し、あまり意識し過ぎるとぎこちなくなってし まいますので上記のことを頭に入れた上でごく自 然に呼吸すれば良いでしょう。
F走りを止めるときは、急に止まらず、少しず つスピードを落として、ウォーキングに切り替え て行きます。
G走り終わったあとは、必ずストレッチなどの クールダウンを行って下さい。突然、運動を止め てしまうと、筋肉中の血液の流れが、その場で止 まってしまって身体に悪影響を及ぼしかねません。

初心者はランニングウェアから入ろう

ランニングは動きやすい服ならどんな服でもできます。
初心者でも気軽に始められるのがランニングの良いところです。
しかし、部屋着のようなスウェットで走るのはやめましょう。中学や高校時代の部活のジャージを着 て走るのは絶対にやめましょう。 「ランニング初心者の方ほど、まずランニングウェアをそろえることを強くおすすめします。今 は各スポーツメーカーからカッコイイ&かわいいランニングウェアがめちゃめちゃ増えてます。走 る時の服装にもこだわって、デートに行く時と同 じくらいオシャレしましょう。
デートに中学の部活のジャージ着ていったら100%フラれますよ。
ランニング初心者の方で、走ることがまだ習慣 になっていない方は、まず重い腰を上げて外に出 ることが第一関門です。
これは「ランニングをす るために外に出ないといけない。面倒くさい。」 というネガティブな気持ちが出てしまうからです。
この気持ちを無くすためにオシャレをして、【ランニングをするために外に出る】と言うよりは 【オシャレなランニングウェアを着てみんなに見せたい】という目的に変えて外に出てみましょう。 「意外な出会いがあるかも!最初のうちは外に出 る目的は何だって良いのです。まずはランニング ウェアを着て外に出たくなる仕組みを作りましょう。

 

ウォーキングなどの軽い運動時に加圧シャツを着るとダイエットや、姿勢矯正効果は抜群です。